介護技能実習評価試験【専門級】合格しました。

技能実習3年目に入った介護技能実習生が介護技能実習評価試験専門級を受検し、無事合格しました。

技能実習の目標とされている試験合格を、指導にあたった介護職員の方々始め、施設長、事務長、看護師長、受入事業所の皆さんが喜び祝っておられました。

専門級は『自ら、介護業務の基盤となる能力や考え方等に基づき、利用者の心身の状況に応じた介護を一定程度実践できるレベル』とされています。

実習生と指導員、双方の日々の取組が、しっかりとした介護技術を身につける事につながったのだと思います。

施設長より合格証書授与

 

1年目の技能実習生の憧れ、目標となっている二人です。

ほんとうにおめでとうございます。